「ほっ」と。キャンペーン

hatsutoki-YUMI

カテゴリ:Nishiwaki spot( 3 )

西脇アイシテルPROJECT in 播州織工房館!

d0178580_10360386.jpg
私には、愛してやまない子達がいます。
もちろんその内の一人はKAYAちゃんですがー、
他にもCHIHOちゃん、AYUMIちゃん、数年前にはMAKIKOちゃんも・・・。
彼女たちの中での後輩が増えたり先輩が次のステップに旅立ったりと、この数年で人員変動しながらも、
全員が西脇高校生活情報課を卒業し、テキスタイルデザイン・染色・製織・パターン・縫製と、
活躍の現場は違えど播州織を愛し、地元に戻って産地の仕事に就いてます。
そして同じく西脇市を愛し、この地の素晴らしさを広める活動をしています。
折に触れて会うこの子達こそ、“西脇アイシテルPROJECT”(通称:アイプロ)の職人集団です。

偶然就職した先が播州織の会社でしたってな私は高校生の頃、
自分が将来何をしたいか、どうなりたいかなんて考えたこともなかった。
同じく中学校を卒業し高校に入学する頃、彼女たちは既に将来を見据えていたのかがわかります。
脱帽・・・。

夏に開催される織物祭り、コットン栽培やワークショップ等、様々な活動をしてきた皆の集大成。
それが2015年7月11日(土)~7月20日(祝日)まで、播州織工房館で行われている
“西脇アイシテルPROJECT COLLECTION SALE!”です。

この展示販売会をもって、アイプロは無期限活動休止に入っているとのことですが、
それも彼女たち個々の次なるステップを目指しての事!
再びプロジェクトが再開した時に、各々が今以上の輝きで溢れてることは間違いない!
そして、そんな彼女たちの創り出すモノはもっと魅力を増すんだろな。と思いました。
d0178580_10361196.jpg
ほら、コレクション(COLLECTION)の綴りにEが一個抜けてることに気付かずポップ作っちゃう。
そんな可愛い子達なんです。笑
一生懸命でしっかりしてて。それでもどこかピョンと抜けてる。だからこそ、愛おしい子達なんです。
是非、お立ち寄りくださいませ。

住所:兵庫県西脇市西脇452-1
電話:0795-22-3775
時間:10:00~17:00


[PR]
by hatsutoki-yumi | 2015-07-15 09:00 | Nishiwaki spot | Comments(0)

青いとり

弊社のすぐ近くに生地・製品・アクセサリー・小物・皮の販売ショップ青いとりがあります。
今回はhatsutoki -ハツトキ- の新商品開発の一環としてお邪魔しましたが・・・、それよりも!(とか言うとまた怒られる???) 素敵店内。
d0178580_17481475.jpgd0178580_17483132.jpgd0178580_17484156.jpg









d0178580_1749649.jpgd0178580_17491457.jpgd0178580_17492374.jpg









d0178580_17493994.jpgd0178580_17495146.jpgd0178580_17495973.jpg









 ↑ レジ横には小さな鳥カゴの中にこれまた小さなフェルトの青い鳥が2羽。 触り心地抜群のシュシュや帽子もあります。
その場で選んだ生地での製品縫製を依頼したり、用途に応じての生地相談も受けてくださるみたい!
写真の通り、店内はところ狭しと可愛いモノで溢れています。 ワンピースやバルーンスカートもとても可愛かった!!!
手造りされたといぅ内装もオシャレな店長と相まってそこはもぅ素敵空間です。
言うなれば、「神戸の北野的なぁ~。」      ※~的な・・・。は最近のKAYAちゃんの口癖。 ←注意しておきます。
こちらのヒットはアクセサリー。 素敵なのが沢山あって、迷いながら一つ購入!
普段生地に囲まれ仕事をしていても、製品になって並んだ姿は全く感じが違います。
オシャレ雑貨好きな多くの方に訪れていただきたいお店です。その際は見て触れて、沢山質問してきて下さいね!

場所:兵庫県西脇市和田町
青いとり ~natural fabric & leather~
OPEN 10:00 ~ 18:00
TEL:0795-38-8222   定休日: 月・火

弊社のHP・hatsutokiメンバーのブログです。良ければ “ポチッ”としてみて下さい。
/    島田製織㈱    /  hatsutoki on line  /     KAYA-blog    /   SHUHEI-blog   /   HIROKI-blog   /

d0178580_11231463.gifd0178580_11233644.gifd0178580_11235529.gifd0178580_11251364.gifd0178580_11243026.gif
[PR]
by hatsutoki-yumi | 2011-05-26 19:00 | Nishiwaki spot | Comments(0)

2010年駄菓子屋さん事情

d0178580_2136030.jpgd0178580_21362168.jpgd0178580_21364346.jpg






脳が左耳から垂れ流れるのではないか?と錯覚さえする程に暑い毎日、
お友達の子供さんへのお土産を買いに、西脇市内にある懐かしい駄菓子屋さんに行って来ました。

おばぁちゃまが一人で昔のまま切り盛りされているその中に、夏休み真っ只中だというのに子供の姿はありません。
おばぁちゃまのお話では、最近の子供達は塾や部活動で忙しく、
昔の様に真っ黒になりながら自転車に乗って駄菓子屋集合!なんてのは少なくなったそうです。
誘拐などの防犯対策として、昔この場所に通った親が車で子供と買い物を楽しみにくる。といった姿も少なくはないそうです。

日々凶悪化する事件や、多発する事故等をTVを見ていると、今は確かに常に危険を予知して動く時代になりました。
やっぱりなんだか少し寂しい実状。

「最近の若者は!」とか、「昔は良かった。」と今だに言う大人がいるけれど、
その幸せな時代を生きた人間のつくり上げた世界がコレだとしたら、彼等の言うムカシは果たして正しかったと言えるのでしょうか。
考える日本人、便利を得た結果として、引き換えに失ったモノは相応しかったでしょうか。

d0178580_21401493.jpg変えられないモノはある。

幼い子が100円持って買い物に行ける時代は消費税導入と共に去り、
20円の買い物でも21円を払う時代になりました。
でも、変えられるモノも必ずあります。 それは信じたい。
これからの世の中の方向性を変えてゆく、それが私達の世代に出来ることなのかな。と思いました。

何事も結果が出るには20年以上かかり、長いスパンでの人創りではあるけれど、色々模索してみる価値はあるはず。
d0178580_22272721.jpg
時代は繰り返す。
飽和状態の中、アタラシイを追う時代の次は、昭和レトロ・大正ロマン
平安時代のイトヲカシ・ハカナシを求める時代になるかもしれません。
西脇市では7月25日~8月28日の期間GAW展Ⅶが開かれています。
西脇散策の途中で、こんな懐かしい場所にもちょっと寄ったりしてみて下さい。
[PR]
by hatsutoki-yumi | 2010-08-13 09:00 | Nishiwaki spot | Comments(0)