hatsutoki-YUMI

教えてくれたこと

人生には大切な出会いが沢山あります。
自分に大きく変化をもたらす出会い。それはきっと何気ない瞬間から始まります。
今日はお友達(ライバル)RIEちゃんのお話。

彼女との出会いは高校1年生の時。
なんだかとても不思議な存在で、私にはとても新鮮に思えたのです。

彼女の持つ自分に対する意地は他を圧倒するものがあり、
何でも出来る子 というよりは、何でもやって見せる子。
私は彼女の負けん気強さに惹かれ、自身の生き方もこぅでありたいと憧れました。

高校生だったあの頃の宣言通り、彼女は大学を出てエジプトに住みました。
生死を彷徨う腹痛・発熱・嘔吐に苦しみながら、必死に生き抜く彼女を見ると、
何かにこだわり意地になれる人は、とても頼もしく素晴らしいのだと感じました。
d0178580_18311994.jpgビザを取る間もなく14時間のフライトの末たどり着いたカイロ。
ピラミッドまで続く砂漠を馬に乗って走りながらRIEちゃんは、
「YUMIちゃんが次またココに来るか分からないなら、
悔いなく思いつく事全部やった方が良いよ!」と言いました。

これは今でも生き方の基盤。


中途半端に生きるには、
許された時間がとても少なくもったいないとさえ感じました。


2月に異国で咲く桜を見て、本当は日本に帰りたいと何度も呟いていたRIEちゃん。
それでもこの国で生きてみたい。とエジプトにとどまった彼女、
人は簡単に誤魔化せても自分は騙せない。
“ライバルは自分”っていう言葉はこんな人が使うんだ。と強く思いました。                
d0178580_18132235.jpgd0178580_1813379.jpgd0178580_18135439.jpg









昔から年に一度mailしあうくらいですが、いつもとても感謝しています。便りがないのは元気な証拠!
RIEちゃん、あなたの鏡に映ったなら、私は今日もまっ直ぐ歩けているでしょうか?
d0178580_1895599.jpg                 

          شكرا جزيلا.
                  صديق جيد للأبد.                                                                           
وآمل أن سعيد بك.

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2010-07-13 19:00 | important people | Comments(0)