hatsutoki-YUMI

スワイベル織物見本展

d0178580_10005895.jpg
スワイベル:昭和28年に兵庫県多可町で開発され、昭和40年代まで生産されていた織物。
ジャガードか刺繍かと思いきや、これらはスワイベルという名前の織物だそう。

糸の重なりが丁寧で製織に時間がかかるのは容易にわかる織物です。
一つ一つの柄が懐かしくあたたかで、今の世代には一周巡って新しい。

織物には興味がない、だけどアンティークな物が好きってな方にも是非ご覧いただきたい。
これら柄行きを眺めていると、2018年ならではの新しい想像がうまれる気がします。

DATE:2018年7月21日(土)~2018年9月24日(月)
OPEN TIME:10:00~18:00(月曜定休日)
PLACE:西脇市郷土資料館
TEL:0795-23-5992 入場料無料/駐車場有

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2018-07-20 09:00 | Nishiwaki spot | Comments(0)