hatsutoki-YUMI

カテゴリ:hatsutoki project( 88 )

hatsutoki in ふく蔵 Vol.7

d0178580_14020731.jpg
hatsutoki恒例行事の1つ、ふく蔵での展示販売会は今年が7回目。

応援してくださる皆さま、いつもありがとうございます。
はじめましての皆さまにはこんにちは。
少しでも多くの方に今のhastutokiをご覧いただけたら嬉しいです。

昨年の私はgraduate、この言葉のチョイスはなかなかどうして言い得て妙。
今年の私はWait and seeなんとも温かい心持。
にやりでしょ。

場所:兵庫県加西市三口町1048
ふく蔵TEL:0790-48-20053
日時:2018年6月19日(火)~7月1日(日)
時間:日~金曜:10時~18時/土曜:10時~21時

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2018-06-15 18:00 | hatsutoki project | Comments(0)

2018年4月のお知らせ 2

d0178580_13581623.jpg
-新開地土曜マルシェのお知らせ-
毎月第2土曜日に新開里で開催されてますマルシェ、合言葉は:ひょうごのええもん集めました。
(5月はお休み、8月・12月は第1土曜に開催)

4月は特別に、"春の播州織まつり”をやりましょう!とお声掛けいただきました。
西脇の機屋さんによるストール作りのワークショップもあるそうです。

hatsutokiは大丸神戸店での販売会と重なっていますが、面白そうなのでこちらにも参加。
だってー、美味しい物、可愛い物、笑顔の人がたくさん集まる。
そんな場所には、きっと楽しいことがいっぱいあるから。

日程:2018年4月14日(土)
時間:11:00~16:00
場所:神戸アートビレッジセンター1F + 新開地商店街

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2018-04-13 12:00 | hatsutoki project | Comments(0)

2018年4月のお知らせ 1

d0178580_10562432.jpg
-大丸神戸店での販売会のお知らせ-
今季のテーマは"雨、風、光”
日々の自然風景からインスピレーションを受けた、しなやかでみずみずしいワードロープが揃います。

hatsutokiのメンバーは東京都/山口県/神奈川県からの移住組。
移り変わる西脇の自然を相手に、この子たちは面白い事を見つけるのが上手だなって思います。
ありふれた景色も日常も、違うフィルターを通すと新たな発見がたくさんあって。

私もそんな風に、大切に大切に生きてたいなって思います。
さーて、2018年の春がはじまる!

日程:2018年4月11日(水)~2018年4月24日(火)
時間:10:00~20:00(最終日は18時迄)
場所:DAIMARU 神戸店 7F

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2018-04-10 09:00 | hatsutoki project | Comments(0)

2018年3月のお知らせ

d0178580_15433283.jpg
2018 AUTUMN-WINTER EXHIBITION ~金木犀~
BUYER/PRESS様向け受注展示会の開催が決定しました。

遠くにあってもどこかで咲いてる香りがする、
オレンジ色の小さな花の集合体は、夏が終わり秋の始まる予感がする。
金木犀はそんな季節の風物詩。

イベントのお知らせ。
OOSAKA:
日時:2018年3月19(月)~20日(火)
時間:11:00~19:00
場所:大阪市中央区北浜2-1-14
   中ノ島SPINNING 3F ギャラリー

TOKYO:
日時:2018年3月27(火)~29日(木)
時間:10:00~19:00 最終日は18:00迄
場所:東京都港区北青山2-8-44
   TEPIAエキシビションホール
   PASSAGE 2018AW EXHIBITION ※こちらは合同展になります。

ご来場の際は事前に tatsuyamaまでご連絡をお願い致します。


[PR]
by hatsutoki-yumi | 2018-03-01 09:00 | hatsutoki project | Comments(0)

JR 走る日本市プロジェクト

d0178580_15315236.jpg
走る日本市プロジェクトのコンセプトは“ここでしか買えないお土産”、
第三弾の今回は大阪・兵庫編!

期間:2017年12月25日(月)~2018年4月下旬
区間:山陽新幹線(新大阪~博多駅間)車内にて販売

hatsutokiは西脇播州織、西脇の山をイメージしたオリジナルジャガード生地のバッグを作製。
Lサイズ:ブルー (約20cm×約27cm)
Sサイズ:ピンク (約14cm×約17cm)
ちょっとしたお出かけに連れて行ってくださいませ。

プロジェクト詳細はIR西日本HPから:HP
山陽新幹線ネットショップからもご購入いただけます:山陽新幹線HP

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2017-12-25 09:00 | hatsutoki project | Comments(0)

10月のおしらせ

2018 SPRING-SUMMER EXHIBITION ~雨 風 光~

DATE:2017.10.10(tue)~10.12(thu)
TIME:11:00-19:00
ADD:大阪市中央区北浜2-1-14
中ノ島SPINNING 3F ギャラクシー[個展]

DATE:2017.10.24(tue)~10.26(thu)
TIME:10:00-19:00/26日は18:00迄
ADD:東京都渋谷区恵比寿4-20
恵比寿ガーデンホール[合同展PASSAGE]

ご来場の際は事前に“タツヤマ”までご連絡お願いします。 hatsutoki

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2017-09-20 09:00 | hatsutoki project | Comments(0)

播州織工房館 2017梅雨

d0178580_11120973.jpg
播州織工房館でのhatsutokiイベント、はじまってます。

2017年7月8日(土)~23日(日)
ADD:兵庫県西脇市西脇452-1
TEL:0795-22-3775
播州織工房館
OPEN:10:00~17:00
※月曜定休日(祝日の場合は翌日休み)

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2017-07-10 09:00 | hatsutoki project | Comments(0)

hatsutoki in ふく蔵 Vol.6

d0178580_11171188.jpg
hatsutoki恒例行事の1つ、ふく蔵での展示販売会も今年で6回目。

今やすっかりhatsutokiのアトリエとなった島田製織の2F、
当初のメンバーも完全に抜けきって、現在アトリエの住人はMURATA、NOGAMI、TATSUYAMAの3人。

毎年この日を楽しみにしてくださる方、
応援してくださる機屋さんや糸屋さん、加工場の皆さまにも、
この1年の成長をお披露目できる素敵な機会だと思ってます。
いつもありがとうございます。

今年のふく蔵をきっかけに好きになって、来年をもっともっと楽しみにしていただける様、
少しでも多くの方に今のhastutokiをご覧いただけたら嬉しいです。

なんだか心底graduateなわけです。

場所:兵庫県加西市三口町1048
ふく蔵TEL:0790-48-20053
日時:2017年6月6日(火)~6月18日(日)
時間:平日10時~18時/土・日10時~21時

この後のイベントのお知らせ:
2017年6月21日(水)~6月26日(月) WEEKEND TAKAHASHI STORE 徳島県
2017年6月28日(水)~7月4日(火) 新宿伊勢丹 東京都
2017年7月8日(土)~7月23日(日) 播州織工房館 兵庫県

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2017-06-06 09:00 | hatsutoki project | Comments(0)

2017年3月のお知らせ。

d0178580_17062346.jpg
2017 SPRING-SUMMER hatsutokiの新しいカタログができました。
寒色仕様のカタログは、2月に見るには肌寒い。
あと少し、これを涼しげと受ける頃。
満開の桜を見ながら今年もまた、きっと新しい服が欲しくなる。

イベントのお知らせ。
OOSAKA:
日時:2017年3月14(火)~16日(木)
時間:10:00~18:00
場所:大阪市中央区北浜2-1-14
   中ノ島SPINNING 3F ギャラリー

TOKYO:
日時:2017年3月21(火)~23日(木)
時間:10:30~19:00
場所:東京都渋谷区恵比寿西1-34-17
   THE ROOM DAIKANYAMA
(NEST +plus PASSAGE 2017AW EXHIBITION ) ※こちらは合同展になります。



[PR]
by hatsutoki-yumi | 2017-02-13 18:00 | hatsutoki project | Comments(0)

MURATAちゃんの里山ライフ

d0178580_16233542.jpg
各地で暮らす人々の生活を紹介するTURNS12月号に、MURATAが取材をいただいてるそう!

MURATAが入社してはや4年、
「hatsutokiに入れて欲しいと、しつこく言う若者が東京にいる」と社長から聞いて4年が経ちます。

当初のhatsutokiメンバーは4人、全員が当然島田製織の業務メインで働いていて、
hatsutokiに手を付けると結局両方が中途半端になりそうで、実際かなりな野放し状態でした。
今思うとぞっとするくらい。

そんな頃に、MURATAはhatsutokiのたった一人の社員として入ってきたわけですが、
勿論のこととして実利を求めると、このプロジェクトに対する社内の風当たりが強く、
夢を持ってやってきた若者にとっては、何をするにも厳しい毎日だっただろうと思います。

よくつぶれず、飽きず、あきらめず、崩れず、壊れず・・・、とにかく我慢強くやってきたもんだ。
疲れたMUARATAが部屋の角で一点を見つめだすと、すかさずKAYAちゃんが「どうした?」って声かけてたのを思い出す。

今年の春にはhatsutokiとして2人の社員を迎え、ブランドと一緒にMURATAも大きく、何よりたくましくなりました。

都会だから、田舎だから。お金があるから、ないから。(そりゃ、あった方が何かといいけどねー。)
足りない物や理由をあげるのは簡単だけど、どちらに振れるかは当人次第。
ちゃんと暮らしを・自分を楽しめたなら、一見マイナスの要素もマイナスでない。MURATAを見てるとそんな風に思います。
なんだかヤサグレてた時期もあったけど、コツコツ頑張ってきたから今のMURATAがあるんだと思います。 

いえす、小僧はまだまだ伸びそうだ。 hatsutoki facebook

[PR]
by hatsutoki-yumi | 2016-10-21 09:00 | hatsutoki project | Comments(0)